上達の秘訣=フェルデンクライスメソッド

健康的で心豊かな日々を送りたい。もっと活動的になりたい。
スポーツや武道、ダンス・バレエや音楽表現を上達させたい、より自由に自己表現したい。
そういう人のためのフェルデンクライスメソッドを指導していく中で、思ったことを書いていこうと思っています。

読んでできるレッスンも紹介していきます。

(但し、すべてのレッスンや動作は、試してみた方の各自の責任において楽しんで行うこと。
当サイト・ブログ作成・運営関係者は、それらについての責任は負いかねます。
良くも悪しくも起きた事は試してみた本人に全ての責があります。)
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>   ご来訪ありがとうございます。 (フェルデンクライスメソッド そまてっく
 
       

プロフィール PROFILE
ワンネス・GACお問合せ
  
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック (JUGEMレビュー »)
コンラッド・ユーキ・フッテル
フェルデンクライスを手軽に始めたい人は、まずこの本から!
ARCHIVES
 
腰椎は捻るようにはできていません! 石川遼選手の腰椎椎間板症報道で?
石川遼選手が腰痛のため米ツアーの戦線から一時離脱しているそうです。
早く良くなって活躍してほしいと思っています。
 
その報道で、ゴルフは腰椎をひねるスポーツとか説明している方がいました。
大問題です!

骨格構造として腰椎は捻るようにはできていません!
 
胴体が捻られるとき、腰を捻っているように見えますが、その主役は胸椎なんです。
特にゴルフ等のスポーツでは、
胴体を捻るというより股関節と肩甲骨が大きく動くので
さらに大きく捻られているように見えていることも
見逃せません。

股関節の動きで骨盤の向きが変わり、その方向に胸椎が捻じられて、さらに肩甲骨が動いて
腕が振られる
というのが、人体の骨格構造にあった体の使い方だと思います。
 
もちろん、体重移動も重要です。

ゴルフは腰椎をひねるスポーツと考えている限り、腰椎に問題が出るのは当然なことだと思います。
筋肉を如何こうするという考えもありだと思いますが、
骨で動く・骨で力を伝えるという発想で骨格構造に従った体の動きを検討していくと改善は早いでしょう。
 

石川遼選手の今後の活躍を期待しています。
JUGEMテーマ:スポーツ