上達の秘訣=フェルデンクライスメソッド

健康的で心豊かな日々を送りたい。もっと活動的になりたい。
スポーツや武道、ダンス・バレエや音楽表現を上達させたい、より自由に自己表現したい。
そういう人のためのフェルデンクライスメソッドを指導していく中で、思ったことを書いていこうと思っています。

読んでできるレッスンも紹介していきます。

(但し、すべてのレッスンや動作は、試してみた方の各自の責任において楽しんで行うこと。
当サイト・ブログ作成・運営関係者は、それらについての責任は負いかねます。
良くも悪しくも起きた事は試してみた本人に全ての責があります。)
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>   ご来訪ありがとうございます。 (フェルデンクライスメソッド そまてっく
 
       

プロフィール PROFILE
ディクシャお問合せ
  
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック (JUGEMレビュー »)
コンラッド・ユーキ・フッテル
フェルデンクライスを手軽に始めたい人は、まずこの本から!
ARCHIVES
 
福島でボランティア:フェルデンクライスFI
 17日に、福島県の仮設住宅の集会所(&学習センター、&学校)で、 
プラクティショナー仲間とフェルデンクライスのレッスンをボランティアで行ってきました。 

現地の皆さんのおかげで、会場を借りることができ、さらにチラシの用意などもしてもらい、 
ありがたい限りでした。 

そのきっかけを作ってくれた方や一緒に活動してくれた方、 
また、脚を運んでくれた仮設住宅の皆さんにも感謝です。 

仮設住宅を直接見たのは初めてで、工事現場の1階建てプレハブが細長くなって
一箇所に集まっているのは、さすがに胸にグッと迫るものがありました。

それでも、子供たちは空いた場所で遊んでいました。
自分が子供のころとダブって見え、今の都会や近所の子供たちよりずっと逞しいと思いました。

みなさんも一度は仮設住宅を訪れるといいと思います。
いろいろと情緒的にも、知性的にも与えられるものが多くあると思います。


我々は3組に分かれ、
学習センターと学校では午前ATM、午後FIを行い、 
仮設住宅では、午前午後とFIを行いました。 

私は仮設住宅で、午前3名、午後5名のかたにFIをしました。 
仮設住宅組は、トレーニングコース1期生が3名、3期生が1名で、 
私以外の1期生はそれぞれ7名、3期生は5名のかたにFIをしてきました。 

私は1名40分を目安に行って8名でしたが、それが限界かもしれませんね。 
(夜もやるなら、もうちょっとできるかも?) 

やはり、多くの方に役立てるためには、ATMがいいなと実感しました。 
BFLプログラムもいいと思う。

フェルデンクライス博士は、最初FI(個人レッスン)を行っていたのですが、 
その後にATM(グループレッスン)を開発して、それを行うようになったそうです。 
彼もより多くの人の役に立ちたいと思ったのだろうなと、強く思いました。 

今回のボランティアで、より多くの方に益するにはどうすればよいかということを 
切望するように考えることになりました。 

ATMやBFL(ボーンフォーライフ)を、もっと気楽に多くの人が
できるようになるといいと思う。

そのためには、自由な発想でアプローチしたり、多くの人の目に触れるようにして
体験できる機会を増やす必要があると思う。

今後の活動に、影響するような気がします。 
ありがたたい、体験でした。 

コメント
コメントする・・・記事に相応しくないと判断された場合、予告なく削除されるかもしれません。ご了承下さい。m(..)m









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(承認制)
http://blog.felden.mods.jp/trackback/888882