上達の秘訣=フェルデンクライスメソッド

健康的で心豊かな日々を送りたい。もっと活動的になりたい。
スポーツや武道、ダンス・バレエや音楽表現を上達させたい、より自由に自己表現したい。
そういう人のためのフェルデンクライスメソッドを指導していく中で、思ったことを書いていこうと思っています。

読んでできるレッスンも紹介していきます。

(但し、すべてのレッスンや動作は、試してみた方の各自の責任において楽しんで行うこと。
当サイト・ブログ作成・運営関係者は、それらについての責任は負いかねます。
良くも悪しくも起きた事は試してみた本人に全ての責があります。)
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>   ご来訪ありがとうございます。 (フェルデンクライスメソッド そまてっく
 
       

プロフィール PROFILE
ディクシャお問合せ
  
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック (JUGEMレビュー »)
コンラッド・ユーキ・フッテル
フェルデンクライスを手軽に始めたい人は、まずこの本から!
ARCHIVES
 
歩行のワークショップ報告
25日、「学びのセミナー!歩行を極める」というテーマで
広島でワークショップを行ってきました。

フェルデンクライス・ジャパン主催のトレーニングコースに現在参加している方々が
音頭をとってくれて、開催することになったものです。

10名ほどの小規模のワークショップとなりましたが、
そのおかげで、随分深い話もしたような気がします。

初めてフェルデンクライスメソッドに触れた方も4名ほどいらして、
心身がひと動作毎に確実に変化していく様を実感して
楽しんでおられたようです。

5時間のワークショップでしたので、時間的に余裕があり、
盛り沢山の内容になったと思います。
フェルデンクライスメソッドのバックグラウンドにも言及して
科学との関連も話すことが出来たのですが、説明しすぎたかもしれません。

四つん這い歩きの或る機能に着目したATMを行い、
FIデモンストレーション、
同側の腕と脚の使い方・関係性を改善する動作がナンバではない(脚と逆側の手を振る)普通の歩き方を改善させるということを目的としたATMと
レッスンを進めていきました。

FIデモンストレーションでは、
肘と膝で支える四つん這い姿勢で、頭を床に着けられなかった方が、
腕の使い方を改善させるようなFIを数分受けただけで

背中の痛みが消え、
頭が床に着くようになり、他の四つん這い動作も大きく出来るようになったという
即効的な結果が出せたのは良かったと思います。

※ その後にやる腕と脚の使い方・関係性に着目したATMと関連の強いFIを行いました。

筋肉を伸ばして関節の可動域等を高めることで これをやろうとしたら、
どれだけの苦労&努力が必要かと考えると、
FIやATMの良さをアピールできたのではないかと自負しています。

広島のフェルデンクライス活動がもっと盛り上がると嬉しいなと思いつつ、
新幹線で帰りました。

参加してくれた皆様、フィットネスプロジェクトAおよび関係者の方々、
ありがとうございました。


今週末のピュアハートクラブでのワークショップも
より良いものになりますように!
今度は、立った姿勢にアプローチしていきます。
まだ、参加者募集中ですので、ヨロシクねっ!
コメント
コメントする・・・記事に相応しくないと判断された場合、予告なく削除されるかもしれません。ご了承下さい。m(..)m









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(承認制)
http://blog.felden.mods.jp/trackback/790311