上達の秘訣=フェルデンクライスメソッド

健康的で心豊かな日々を送りたい。もっと活動的になりたい。
スポーツや武道、ダンス・バレエや音楽表現を上達させたい、より自由に自己表現したい。
そういう人のためのフェルデンクライスメソッドを指導していく中で、思ったことを書いていこうと思っています。

読んでできるレッスンも紹介していきます。

(但し、すべてのレッスンや動作は、試してみた方の各自の責任において楽しんで行うこと。
当サイト・ブログ作成・運営関係者は、それらについての責任は負いかねます。
良くも悪しくも起きた事は試してみた本人に全ての責があります。)
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>   ご来訪ありがとうございます。 (フェルデンクライスメソッド そまてっく
 
       

プロフィール PROFILE
ディクシャお問合せ
  
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック (JUGEMレビュー »)
コンラッド・ユーキ・フッテル
フェルデンクライスを手軽に始めたい人は、まずこの本から!
ARCHIVES
 
2008フィットネスセッション(1)
遅ればせながら、
5月のGW中に開催されたフィットネスセッションで行ったレッスンの
概略を掲載します。

☆フェルデンクライスメソッド

ATM(動きを通しての気づき)の大まかな説明を最初にして、
それから動作の注意事項を交えながら実際にレッスンを指導していきました。

以下、動作の手順:

まず、仰臥で楽な姿勢を見つけます。
そして、身体と床との接触点や、身体各部を今どのように感じているかを
スキャニングしていきます。
(仰臥でスキャニングすることは、それぞれの動作ごとに行います。)

1:うつ伏せで、手を床から持ち上げる。
うつ伏せで、肘を曲げ、両手を顔の近くに置いておきます。
顔は右向き。
1a:右肘を床から持ち上げる。
1b:右手首を床から持ち上げる。
1c:指を床にたらすような状態で手首の力を抜いたまま、
   右腕全体を床から持ち上げる。
(abcを左右替えて、再度行う。)

2:仰臥で片側ブリッジ。
2a:右掌を顔の横の床におき、右肘を立てておく。
   掌で床を押し、その反作用で肩甲帯が浮くようにする。
2b:右膝を立てておく。
   右足で床を押し、その反作用でお尻が浮くようにする。
2c:aとbを同時に行う。
   その時に、頭が右に移動し腕と床の間を通る様にする。
(abcを左右替えて、再度行う。)

3:仰臥で交互に片側ブリッジ。
両掌を顔の横の床におき、両肘を立てておく。両膝を立てておく。
同側の掌と足で床を押し、同時に頭が腕と床の間を通る様にする。
これを、左右交互に行う。

4:1で行った動作が、どのように変化したか調べてみる。
そして、仰臥でスキャニングして終了。

※ 手首の硬い方は2の姿勢に困難を感じることが多いですので、
床と掌の間にタオルなどを入れて楽に工夫してもらいました。
ペットボトルを使うと良かったようです。

以上です。
終わったときに、「手首が柔らかくなった」「動作が楽になった」
といったフィードバックを貰えました。

フィットネスの先生方が対象の講座でしたが、
皆さん(いい意味で)興味を持っていただけたようでした。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
コメント
コメントする・・・記事に相応しくないと判断された場合、予告なく削除されるかもしれません。ご了承下さい。m(..)m









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(承認制)
http://blog.felden.mods.jp/trackback/769824