上達の秘訣=フェルデンクライスメソッド

健康的で心豊かな日々を送りたい。もっと活動的になりたい。
スポーツや武道、ダンス・バレエや音楽表現を上達させたい、より自由に自己表現したい。
そういう人のためのフェルデンクライスメソッドを指導していく中で、思ったことを書いていこうと思っています。

読んでできるレッスンも紹介していきます。

(但し、すべてのレッスンや動作は、試してみた方の各自の責任において楽しんで行うこと。
当サイト・ブログ作成・運営関係者は、それらについての責任は負いかねます。
良くも悪しくも起きた事は試してみた本人に全ての責があります。)
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>   ご来訪ありがとうございます。 (フェルデンクライスメソッド そまてっく
 
       

プロフィール PROFILE
ディクシャお問合せ
  
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック
毎日10分!寝たままできる ハーモニー体操DVDブック (JUGEMレビュー »)
コンラッド・ユーキ・フッテル
フェルデンクライスを手軽に始めたい人は、まずこの本から!
ARCHIVES
 
フィットネスセッション @大正大学:5月3日に講師します

GWにフィットネスセッションという身体系の大規模セミナーが開催されます。
私も5月3日(15〜17時)に講師として参加しております。

会場は 大正大学(都営三田線西巣鴨駅徒歩3分)7号館です。
 

メインテーマは「セルフケア」で、

私の仕事である【フェルデンクライス・メソッド】の創始者モーシェ・フェルデンクライスの言葉が、

冒頭の挨拶として引用されています。

 

「動きは人生であり、人生はプロセスである。動きのプロセスの質を高めれば、人生の質を高めることができるであろう。」
 

で、主催者からの依頼に合わせて

「乳幼児から若者、高齢者まで、安全で効果的なレッスンと動作の質」
というテーマを掲げて講習(ワークショップ)を行います。


ちょっと分かりにくいテーマかもしれませんが、
スポーツや運動指導の参考になるような話と実技体験を行います。

 

特徴として、指導者やそれを目指す方だけでなく、

これからスポーツや運動を始めようかなと思っている方にも
役に立つようなお話と主に寝転がってリラックスして行う実習をしていきます。

 

☆ 動作の質 って何?

身体の使い方という話は聞いたことがあるかもしれませんが、

身体の使い方の質という話は、あまり聞いたことがないと思います。

 

使い方の話ではなく、使い方の質の話です。

どのように体を使うかというときに、

フォームやどの筋肉を使うかとかどこから動き始めるかということを

見聞きしている方は多くいらっしゃると思います。

 

ですが、

実際、スポーツ選手のフォームや体の使い方は各自バラバラであるということに気づいている方はどのくらいいるでしょうか?

 

スポーツ中継などから

一流の選手が自分に合ったやり方で、さらに状況によって調整を加えながら

最大の効果を出せるように体の使い方を工夫しているのを見ることができます。

 

そうなんです。

みんな違っているから、上手くいくんです。

 

もちろん、共通するものもあります。

その共通するものをさらに深く見ていくと、質という側面が見えてきます。

その質に着目したのがフェルデンクライスなんです。

そして現在、フェルデンクライス関連メソッド以外で、それを上手に指導しているところは少ないと感じています。


質の高さが、安全性やパフォーマンスに大きな影響を与えている。

よりパワフルにスピーディーに動くために。
より軽やかに力強く動くために。

 
必要なのは、質の高さです。
ある程度以上の質の高さを身につけた後に運動を始めるとどんな方でも運動によるけがや故障の予防になります。
 
質の高さを身につけるのは実は難しいことではありません。
ちょっとしたやり方を学んで、ほんの少しでいいのでそれをしようとし続けるだけで充分です。
その秘密は、ビジネス界で脳の疲れをとれると話題になっているマインドフルネスに共通するものだったんです。
 
そういうお話と、誰でも出来る実践方法をお伝えしようと思っています。
 
日時:5月3日(木)15:00-17:00
料金:¥4,750 
会場:大正大学7号館 754(5F)
 
 

詳しい案内は下記をご覧ください。
公式サイト: http://www.power-st.com/fitsen/
若狭の担当講座紹介ページ:http://power-st.com/fitsen/program_new/index1.html#a07

フェイスブック: https://www.facebook.com/fitness.session.japan/

 
皆さんのご参加をお待ちしております。
 

JUGEMテーマ:トレーニング

フェルデンクライスのワークショップを9月25日(日曜午後)にさいたま市(浦和パルコ10F)で開催します。皆さん、来てね!

巧みさの発達とフェルデンクライスメソッド® in 浦和

 

<テーマ>

巧みさとは何でしょうか? 上達するには何が必要でしょうか? 

 

赤ちゃんが様々な動きを通して学び、ついには立ち上がっていく発達の過程を通して
巧みさの発達について体感しながら考えてみたいと思います。

それぞれの分野できっと多くのヒントが発見出来ることでしょう。

 

スポーツの競技力、芸術等の表現力、芸事の上達、日常動作、赤ちゃんや子供の成長発達など、
どんな物事でも、向上するときに巧みさの発達が必要になってきます。

 

フェルデンクライス・メソッドでは、
リラックスして感じとることから始まり、楽に動き、今、何が身体に起こっているのかを探り、
また感じとるとことを分化・統合というプロセスを使って繰り返していきます。

 

これによって脳は効率のよい身体の使い方を見つけ出し、より巧みな動作を創りだします。

 

これを競技に応用すればスキルの向上に、日常動作に応用すれば動作そのものが痛みのない軽快な動作に、
赤ちゃんや子供の発達段階での学習力の向上に、それぞれに貢献できる事でしょう。


対象:フェルデンクライス・メソッドを初めて体験される方、経験の浅い方にもご参加いただける内容です。
   2016年8月開講予定のティーチャーズトレーニングコース(FPTP)日本困両匆陲魴鵑佑親睛討箸覆蠅泙后
   FPTPに興味のある方へのガイダンスも含みます。 

   ※ この講座の後からでもFPTP日本困忙臆辰任ます。


日時:2016年9月25日(日) 13:30〜18:30


会場:浦和コミュニティセンター 第8集会室
   *JR浦和駅下車、東口徒歩1分、パルコ10F(http://www.saitama-culture.jp/urawacom/)


講師:若狭利男
FPTP日本坤ラスアシスタント
日本フェルデンクライス協会理事、ボーンズフォーライフ トレーニングコーストレーナー。


一般企業や総合研究所などでのSE業務従事の傍ら、
1989年より深沢悠二氏、ドロン・ナボン氏からフェルデンクライスメソッドを学び始め、
同時期に専門の学校にてカイロプラクティックやキネシオロジーも学ぶ。
2000年フェルデンクライス・メソッド国際ライセンス取得。
現在、埼玉県越谷市(腰痛肩こり改善センター)および大崎など都内各地にてレッスンを行っている。
雑誌掲載、ムック記事など執筆多数。


参加費 : 5,000円(当日、受付け時にお支払いください)


主催:フェルデンクライス アカデミー(http://www.felden-ac.jp)


後援:日本フェルデンクライス協会


お申込み : 氏名・性別・年齢・住所・連絡先(電話・FAX・メール)・職種・フェルデンクライスメソッドの経験有無を
     FAXまたはE-mailにて開催日の2日前までにお申込みください。           
     申込み先 「フェルデンクライス アカデミー」
          FAX:044-701-3590  E-mail: felden-ac@jcom.home.ne.jp


お問合せ:当日連絡先 : 担当窓口 阿部昌明 
     E-mail:m-abe_felden_ac@willcom.com Cell Phone : 070-5595-3590
 

 

JUGEMテーマ:トレーニング

 

丹田呼吸
 暑い日が続きますね〜。


こんなときは、丹田呼吸法で活を入れるといいかもしれません。

ということで、8月の前半のATMレッスンは
丹田呼吸に関連したレッスンをする予定です。

1日(金)越谷昼
6日(水)大崎夜
7日(木)大崎午前
7日(木)入谷、フェルデンクライスとディクシャの夕べ
8日(金)越谷昼


昔、塩谷信男先生の正心調息法をちょっとやっていて、
またやろうかなと思っています。

で、久しぶりに「正心調息法ネットワーク」のサイトをみたら、
代表の岩崎さんがまだご健在の様子。
青山の顔を出してみようかな!


それから、鈴木光弥先生から教えていただいた
調和道 『藤田霊斎 丹田呼吸法』もお勧めです。

丹田呼吸法の老舗ですね。
習得への道のりとか、身体文化的にはこちらの方が完備されている気がします。



丹田呼吸は腹圧をかけるので、肺に入った空気の圧力を高め、酸素が赤血球に結合するだけでなく、圧力によって直接血液の液体(水分)により多くの酸素が溶け込むと考えられます。

酸素カプセルに入って酸素を多く取り込むのと同じような効果も期待できそうです。

脳はもちろん、体中に酸素を送り込むのに効果的な気がしています。


それから、(手前味噌ですが)
フェルデンクライスをベースにしたハーモニー体操のシーソー呼吸も、
よりダイナミックに丹田に働きかけ、呼吸の力を高めてくれます。
これも酸素を圧力を使って血液に溶かしこむのに役立ちます。
内臓も大きく動くので、やるといいですよ。


皆様、暑い日がまだ続きそうですが、ご自愛なさって元気にいきましょう!

5月のオールテンポ・クラスは第2・4木曜日=9日と23日です。
 いつも、参加ありがとうございます。

5月の大崎オールテンポ・ダンス・スタジオでのレッスンは、
第2・4木曜日(9日、23日)の午前10:30〜12:00です。

いつもと週が違いますので、お間違えなきようよろしくお願いします。


JUGEMテーマ:健康
福島でボランティア:フェルデンクライスFI
 17日に、福島県の仮設住宅の集会所(&学習センター、&学校)で、 
プラクティショナー仲間とフェルデンクライスのレッスンをボランティアで行ってきました。 

現地の皆さんのおかげで、会場を借りることができ、さらにチラシの用意などもしてもらい、 
ありがたい限りでした。 

そのきっかけを作ってくれた方や一緒に活動してくれた方、 
また、脚を運んでくれた仮設住宅の皆さんにも感謝です。 

仮設住宅を直接見たのは初めてで、工事現場の1階建てプレハブが細長くなって
一箇所に集まっているのは、さすがに胸にグッと迫るものがありました。

それでも、子供たちは空いた場所で遊んでいました。
自分が子供のころとダブって見え、今の都会や近所の子供たちよりずっと逞しいと思いました。

みなさんも一度は仮設住宅を訪れるといいと思います。
いろいろと情緒的にも、知性的にも与えられるものが多くあると思います。


我々は3組に分かれ、
学習センターと学校では午前ATM、午後FIを行い、 
仮設住宅では、午前午後とFIを行いました。 

私は仮設住宅で、午前3名、午後5名のかたにFIをしました。 
仮設住宅組は、トレーニングコース1期生が3名、3期生が1名で、 
私以外の1期生はそれぞれ7名、3期生は5名のかたにFIをしてきました。 

私は1名40分を目安に行って8名でしたが、それが限界かもしれませんね。 
(夜もやるなら、もうちょっとできるかも?) 

やはり、多くの方に役立てるためには、ATMがいいなと実感しました。 
BFLプログラムもいいと思う。

フェルデンクライス博士は、最初FI(個人レッスン)を行っていたのですが、 
その後にATM(グループレッスン)を開発して、それを行うようになったそうです。 
彼もより多くの人の役に立ちたいと思ったのだろうなと、強く思いました。 

今回のボランティアで、より多くの方に益するにはどうすればよいかということを 
切望するように考えることになりました。 

ATMやBFL(ボーンフォーライフ)を、もっと気楽に多くの人が
できるようになるといいと思う。

そのためには、自由な発想でアプローチしたり、多くの人の目に触れるようにして
体験できる機会を増やす必要があると思う。

今後の活動に、影響するような気がします。 
ありがたたい、体験でした。 

久しぶりにピュアハートで、イベント(ワークショップ)やります

 2010年10月2日(土)PM14:00〜PM17:00に 
青山道場(地下鉄外苑前駅のそば)で、 

フェルデンクライスのATMレッスンから、 
臍下丹田を強化するのに役立つレッスンを行ないます。 

皆さん、是非参加してくださいね〜。

古武術(初見先生の忍法体術10段)を長期間学んでいた某イスラエル人 
プラクティショナー(モーシェから直接習っていた)から 
10数年前に習ったレッスンです。 
<気合を入れるようなレッスンで、モーシェはバイタルと言っていたようです。> 

・・・当時は胴体力の伊藤さんもいつも一緒に参加していて、楽しかったな〜! 

そのレッスンを元に、 
トレーニングコースやアドバンス、ルーシー・アロンの教えなどからの気づきを加えて 
もっとわかり易いものにしようと思っています。 

(ATMでは当然ですが、参加者に合わせてレッスンは変化しますが、テーマは変わりません。) 

詳しくは、 
ミクシィのピュアハートクラブのコミュ(イベント)
または、ピュアハートクラブのWebサイト
■URL:http://homepage3.nifty.com/phc/ 
を見てください。 

■問い合わせ・予約 
e-mail:phc@mbj.nifty.com 
Fax:042-667-9530 

※ フェルデンクライスメソッドは、リラックスや眠りを誘うためのものではなく、

続きを読む >>
新春企画
あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

今年はみずがめ座の人は大幸運期ということで、
水瓶座の人は攻めの姿勢がオススメだそうです。

世間では難しい時期だと思われていますが、頑張っていきましょう。

さて、新春企画としてワンコイン・ATM体験会を蒲生で開催することになりました。

日時:1月23日(金)、午後3時〜4時半
会場:蒲生交流館 和室
料金:500円
講師:若狭利男

フェルデンクライスとかボディワークとかに無縁の方を対象にしたいため、
「整体リラックス体操」
という名前でやってみます。

こんな方におすすめです

腰痛、肩こり、膝痛などの痛みをやわらげたい方
骨盤の歪みや猫背等の姿勢改善
怪我などのリハビリ
体を酷使して疲れが取れにくい方
体に無理なく運動や体操を楽しみたい方
ダンスや、ゴルフ、球技、武道などのスポーツ技術を向上させたい方
頑張っているのになかなかその努力が報われない方
体調が思わしくない方

運動経験の有無、得て不得手は全く関係ありません。
日常生活や競技、パフォーマンスの中で活かせます。


会場が狭いので、
越谷近隣および東武伊勢崎線・日光線沿線の方を第一に優先し、
次に埼玉県にお住まいの方やお勤めの方を優先するということにさせていただきますので、宜しくお願いします。

お申込みは下のお問合せをクリックして、メールフォームに書き込んで送信してください。
続きを読む >>
〜立禅・站椿(たんとう)〜ATM
今週土曜日に行うワークショップのATMを
いろいろある中から選んでいたのですが、

以前、ミアに習ったレッスン(アレキサンダーヤナイでモーシェがやったらしい・・・アシスタントのエレンがそう言っていた。)を
使おうと決めました。

* ミア・・・創始者モーシェの初期の秘書でありフェルデンクライスメソッドの創成にも深く関わっていたといわれている。

モーシェが友人(生徒)の息子さんにしたレッスンで、
息子さんのバスケットの動作(シューティング)を見たときに、
「そんなやり方はダメだ」と言ってそれを改善するのに行ったというATMです。

脚をソフトな状態にするのに効果的だと思います。

そのソフトな状態を保っていろいろな動作をすると、胴体の力が脚の骨を通って
踵やつま先に伝わっていくことを実感できると思います。

※ そうなるタイミングは人によって異なるので、今回だけで出来ると思わないでくださいね〜。
 他の多くの体験が必要なものです。


11月1日(土)PM3:30〜の青山でのワークショップ、
まだ若干空きがあるみたいなので、
まだの方、お申込みをお早めにお願いしま〜す。

ワークショップのお問い合わせ&お申し込みは
ピュアハートクラブのWebサイト にて、お願いします。
今週より隔週土曜日にレッスンします。
今までの水曜日夜に加え、
定例レッスンを追加することにいたしました。

みなさま、宜しくお願いします。

☆ 新レッスン ☆
会場: 大崎教室(いつものマンションです。)
日時: 毎月第2・4土曜日 14:30〜16:00


毎週水曜日19:30〜21:00も、相変わらず開催しております。

ご参加の程、宜しくお願いします。

いつものマンションですが、現在外装工事中で入り口の足元が不安定な場合があります。
お気をつけてご入場下さい。
マンションの外壁が赤レンガから白(大理石っぽい)タイルに変わる予定です。

整体とフェルデンクライスご報告
昨日、三鷹でワークショップを行ってきました。
強風の中、7名の方にご参加いただき、お陰様で内容の濃いものとなったように感じられます。
参加いただいた方、ありがとうございました。

たすきがけの効果を実感され、隠れタスキをしようかと思っている人も多かったようです。

野口整体の動法とのコラボは2回目でした。
今回も、最初に動法の動作(今回は正座・すり足・膝行)を学び、
続いてフェルデンクライスのATM(動きを通しての気づき)レッスンを行って、
その後で最初に学んだ動法の動作に改善が見られたかを確認しました。

参加された皆さんも驚き楽しめたと思いますが、それ以上に主催者側の我々もその改善度合いに驚いています。

ATM後の皆さんの動き(正座・すり足・膝行)の質が優れていたので、
さらに、動法のなかの難度の高い動作を最後にやってもらったのですが、
それもいきなり出来てしまうような状態にまで
身体の意識や操作性・バランス能力などが高まっていました。

お陰様で非常に面白いものになりました。



実は、午前中は東京でのトレーニングコースに参加している人の
何人かにFIの練習を指導してから三鷹でのワークショップという慌しいスケジュールだったのですが、
強風で電車が不安定だったにもかかわらず、なんとか遅刻せずに開始できました。(ラッキーでした)

終わった後、
主催した仲間とハワイのフェルデンクライス教師養成トレーニングコースを受けている方などと一緒に
下北沢のマルマラでトルコ料理を食べながら、ベリーダンスを見てきました。(皆、踊らされました・・・笑)
久しぶりのベリーダンスでしたが、こちらも素晴らしかったです。初めて見た方が、食事もダンスも両方とも感激してました。。。

もりだくさんの1日でした。
関係者の皆様ありがとうございました。


※ 正座・すり足・膝行
今回の動法の動作は前回同様、どれも静かに丁寧に理に適ったやり方で動けるように工夫されたものでした。

合気道などで行われる膝行とは少し趣が違うかもしれませんが、合気道や古武術を学ぶ人たちにも、充分参考になるものだと感じました。

また、瞑想的な状態を崩さずに動くにはこうすればよいというヒントになるものだとも感じました。

動法は野口整体の創始者の立ち居振る舞いを参考に作られたという話を聞いたことがありますが、
なるほど天才とはこういう風に静かな状態を作り出すのかと
学ぶものが多いものでした。